あなたのマンションを守る! プリンシパル総研は、大幅な管理費用の削減(PM方式)、大規模修繕費用の削減(CM方式)を提案し、適正なマンション管理組合運営を実現します。

ほとんどのマンションの未来は破綻状態!

 

苦労をして手に入れたマイホーム、年金暮らしになった頃に破綻しスラム化し建物も荒れ放題・・・
こんなことにならないためにも、今すぐマンション改革に着手すべきです。
一つでも多くの管理組合の未来を明るくするのが弊社の使命です。

マンションにおいて重要なことは、適正な管理費を設定し、適正な修繕費で修繕し、そして適正な管理運営を行うことです。
毎年、着実に老朽化していくマンションは、今後多額の修繕費が必要となります。
ほとんどの区分所有者は、自分が住んでおられるマンションの長期修繕計画書をじっくりと見たことはないでしょうし、今後修繕積立金がどうなっていくか知らないことでしょう。
一度じっくりと長期修繕計画書を見て下さい。
手元にない方は管理会社にいって取り寄せて見て下さい。
修繕積立金の大幅な値上げ、数年間にわたっての値上げ、工事実施時の一時金徴収などがきっと書かれてることでしょう。
現在の修繕積立金のままで、今後も運営していけるといった計画になっているマンションはほとんどないと思います。
マンションを適正に運営していくためには修繕積立金が必要だとあきらめ、これからも黙って長期修繕計画書に書かれている通り修繕積立金を値上げしていきますか?
それとも修繕積立金の値上げをする前に、管理費用を削減し、そこで余った費用を修繕積立金にまわすことにより、修繕積立金の値上げをしなくても適正な管理組合運営が出来るよう実現しませんか。
また、実際に大きな修繕を実施する時に、修繕は専門的なことだからと言って管理会社の言うがままに実施していませんか?それともコストを考えた修繕工事を実施することによって大幅に修繕費用(数千万円)の削減を実現しませんか。
今住んでおられるマンションでいつまでも快適な住生活をおくることができ、いつまでも資産価値を維持するためには、長期修繕計画書に記載されてる修繕項目以外にもリニューアル工事やグレードアップ工事が必要になってくるのです。
そのためには少しでも修繕費用を抑えた工事を実施していかなければなりません。

プリンシパル総研では、ほとんどのマンションにおいて現在の管理費の設定が高すぎ、そして管理会社から提案される修繕費用が適正でないため、適正な管理運営ができていないと考えています。
その原因はどこにあるのか・・・
管理組合という団体が消費者となるマンション管理業界では、ほとんど競争原理が働かず、価格競争が行われていないためです。
ほとんどの区分所有者が無関心で一定の管理費さえ毎月支払っておけば、あとは管理会社が管理(修繕も含む)をしてくれるだろうという考えの区分所有者がほとんどだからです。

私たちの大切な住処でもあり資産でもあるマンションの将来を一度じっくりと考えてみてください。
そしてプリンシパル総研にご相談下さい。

マンション管理組合の最上級コンサルタント プリンシパル総研 MENU

  • 大幅な管理費削減 競争原理の導入で削減可能に! 管理費削減支援コンサルティングPM方式
  • 大規模修繕費削減 高品質、低コストの大規模修繕工事を実現! 大規模修繕工事支援CM方式
  • 保険料の削減 保険の保証内容に無駄はありませんか? 保険料の診断をおすすめします。
  • 自主管理支援 高齢化、理事の成り手不足、自治の限界 管理組合向けコミュニティーサイトの構築
  • 理事長代行 議事録作成代行 記帳代行 プリンシパル総研が行います
マンション管理組合の最上級コンサルタント Principal | プリンシパル総研 お問い合わせ
ページトップへ